第16回千葉大学医学部附属病院ICLSコースが実施されます。

140910_chibadai.png2014年7月22日に稼動を始めた、千葉大学病院の「新外来診療棟」。全ての患者さんは、この新棟からはじまる。

 今夏、新外来病棟の完成で、病院機能がアップした千葉大学医学部附属病院では、11月22日(土)に第16回となる「ICLSコース」を実施します。
 ICLSコースとは医療従事者のための蘇生トレーニングコースで、緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。
 講義室での講義はほとんど行わず『実技実習を中心』としたコースです。受講者は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。

詳細は下記をご確認頂きお申し込みください。


第16回千葉大学医学部附属病院ICLSコースの実施について
●開催日時/平成26年11月22日(土曜日)午前8時~午後6時
●場所/千葉大学医学部附属病院 教育研修棟 1階 千葉県医師キャリアアップ・就職支援センター
●主催 /千葉大学医学部附属病院 NPO法人千葉医師研修支援ネットワーク
●参加費/1人:10,000円(不足分はNPOが補助しています)
 ※会費は、参加決定後に振込先をご案内いたします。
●修了証/コース修了者には日本救急医学会認定修了証書を授与
●内容/ICLSコースとは医療従事者のための蘇生トレーニングコースです。
緊急性の高い病態のうち、特に「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することを目標としています。講義室での講義はほとんど行わず、実技実習を中心としたコースです。受講者は少人数のグループに分かれて実際に即したシミュレーション実習を繰り返し約1日をかけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身につけます。
●対象/医師、看護師のほか、病院職員、医療従事者であれば原則どなたでも受講できますが、ある程度の事前勉強が必要です。(興味はあるが受講資格に不安がある方はご相談下さい)。
●その他/受講生は傷害保険に加入しています(昼食付)。
●参加申込/必要事項を明記の上、下記メールアドレス宛にお送りください。
 <必要事項>
 名前、ふりがな、生年月日(西暦)、職種、勤務先、部署、勤務先住所(郵便番号必須)、勤務先(所属)電話番号、自宅住所(郵便番号必須)、携帯電話番号、メールアドレス(携帯Meil不可)
 ※医師の方のみ下記内容を申込メールに追加ください。
  医籍登録番号、日本医師会員ID番号(加入者のみ)、いずれか選択ください(A 開業医、B 勤務医、C 研修医、D その他)

 <申し込み要綱>
 メール件名/「第16回千葉大ICLS受講希望」
 応募メールアドレス/office@dcs-net.org
   ※受講者の参加決定は申込み締切後、選考となります。

●申込締切/平成26年10月22日(水曜日)
●決定/決定/受講決定の可否を通知します。(勤務先宛て)

※詳細は、千葉大学医学部附属病院のホームページでご確認下さい。