2月20日・21日 岡山で第49回「糖尿病学の進歩」が開催されます。

150206_news_apgc1.jpg


歴史から最新の知見まで、2日間の教育セッションで大いに学ぶ  第49回『糖尿病学の進歩』開催

2015年2月20日(金)・21日(土)の2日間に亘り「糖尿病学の進歩」が開催されます。
今回の会場は岡山県岡山市で、世話人は、岡山大学病院長の槇野博史先生です。
ガレノスでは今回、取材許可を頂き、開催直前の槇野先生に「糖尿病学の進歩」についてお話を伺いました。


専門領域の学びはもちろん、双方向性の参加型演題も充実
150206_news_apgc2.jpgGALENUS) 2月20日(金)~21日(土)と第49回「糖尿病学の進歩」が開催されます。槇野先生は世話人として運営をされていますが、本会の特色などを伺えますか?

槇野先生) まず、基本的な部分ですが、糖尿病学会は、ふたつの重要な大会が柱となっており、それは、毎年春に行われる「学術総会」と、2月に行われる「糖尿病学の進歩」です。

「学術総会」は、最先端の情報をはじめ様々な情報が発信され、「糖尿病学の進歩」は教育セッションとなります。

第49回「糖尿病学の進歩」は、私が「世話人」という立場で運営を行いますが、本会のコンセプトとして、糖尿病学に必要なベースの領域を中心に展開しようと考えています。

会場は、岡山駅至近の4つの会場を活用して、皆さんに学びやすい環境を提供しようと、大きく4つにプログラムを分けました。

簡単に会場をご説明すると、

・A会場/糖尿病専門医の先生方が講習を受けて更新をするための教育セッション
・B会場/糖尿病の診療に携わる医療スタッフのためのセッション
・C会場/糖尿病指導士さんを対象とした教育セッション
・D会場/基礎医学を含めた医師対象の教育セッション

と整理をさせていただき、ここに加えて「一般市民講座」も充実させています。

「教育セッション」が中心となるので、参加者はどうしても受身と成りますが、本会では、双方向性を持たせて「受講する」から「参加する」へ、新たな試みも取り入れています。

学会は市民に開かれたものでなければなりませんから、市民公開講座も充実させています。市民の方にも、ぜひ積極的に参加をいただければと思います。

また、若手の医師の皆さんも、しっかりと育成しなければなりません。

今回はシンポジウムとして「若手医師のためのスキルアップ、キャリアアップ」の演題を用意し、大いに学んでいただきたいと思っていますし、近年活躍も目覚しい、女性医師にフォーカスした「女性医師のキャリアアップ支援」の演題もあります。

このほかにも、様々な教育講演やシンポジウムが開催されますが、糖尿病学が日々進歩していく中で忘れてならないのが、「歴史から学ぶ」ということではないでしょうか?

今回、糖尿病学の進歩を、より充実したものにするために、歴史を振り返るためのセッションも用意しました。

歴史を振り返り、歴史を学ぶことで、未来の展望が見えることも多々あると思います。

世話人特別企画 として「歴史で学ぶ糖尿病」を行いますので、ぜひ、参加していただければと思います。

2月20日(金)・21日(土)と、2日間学んでいただければ、糖尿病診療や治療に必要な情報はすべて手に入りますから、ぜひ、皆さん、大いに学んでいただきたいと思っています。

GALENUS) 全国から参加者が集まります。メッセージをお願いできますか?

槇野先生) 岡山は、造山古墳吉備津神社吉備津彦神社に代表されるように、日本文化の発祥の地です。

また、江戸時代・寛文10年(1670年)、岡山藩主池田光政によって創建された閑谷学校は、岡山藩直営の庶民教育のための日本で初めての学校で、教育が盛んに行われてきた地です。

近年では、現代アートの島として、世界からも注目から集まる「直島」をはじめ、岡山が注目される機会が増えています。

岡山大学医学部も、2015年に創立115周年となり、岡山の地で、医学教育と伝統を育んでいます。

岡山は、桃太郎発祥の地としてご存知だと思いますが、キジ、猿、犬とともに「チーム」で鬼を退治した桃太郎は、まさにチーム医療のシンボルと思い、今回の学会のマークとしました。

岡山の歴史や風土をはじめ、瀬戸内の海の幸もぜひご堪能ください。

2日間大いに学び、進歩し続ける糖尿病の知識をアップデートし、これからのチーム医療に役立てください。

GALENUS) 本日はありがとうございました。


第49回「糖尿病学の進歩」詳細

150203_news_main_APGC49th.jpg【会期】   2015年2月20日(金)~21日(土)
【学会】   第49回糖尿病学の進歩
【世話人】 岡山大学病院長  槇野博史
【ホームページ】http://www.convention-w.jp/49shinpo/index.html

【会場】
・ホテルグランヴィア岡山
・岡山コンベンションセンター
・岡山シティミュージアム
・岡山全日空ホテル
※会場案内図/ http://www.convention-w.jp/49shinpo/access.html

【事務局】
〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5-1
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
腎・免疫・内分泌代謝内科学
TEL:086-235-7235(直通)

【運営事務局】
株式会社日本旅行 中四国コンベンショングループ内
TEL:086-250-7691(第49回糖尿病学の進歩 専用回線)
〒700-0023 岡山県岡山市北区駅前町2-1-7 JR西日本岡山支社ビル1F
TEL:086-225-9281 FAX:086-225-9305
E-mail:49shinpo@wjcs.jp

※編集部より
第49回「糖尿病学の進歩」のトップページの写真は、世話人である、岡山大学病院長の槇野先生のご趣味で撮影されたお写真です。コンテストで賞を受賞するなど、その腕前は折り紙つきです。

special thanks to Dr.MAKINO
photo by YASUHIRO SEINO/text by GALENUS
appeared in 2015/01/28