第66回「日本病院学会」演題募集が2月22日まで延長されました

jha2016_photo.jpg

第66回 日本病院学会(学会長:望月 泉先生/岩手県立中央病院院長)が、2016年6月23日(木)・24日(金)の2日間、岩手県盛岡市を舞台に開催されます。

第66回 日本病院学会 オフィシャルホームページ

今回は『医療人のあるべき姿 BUSHIDO(智・仁・勇)をもって~地域を支える医療、地域が育む医療~』をテーマに、一般演題の募集を15のカテゴリ、総数105のテーマにわけ、現在、演題募集を行っています。

本来、2月8日(月)の募集締切りでしたが、演題応募者より「もう少し募集期間を延ばせないか?」との問合せも多く、事務局より、2月22日(月)まで、締切りを延長する告知がされました。


一般演題の募集のページ(第66回日本病院学会のサイトへ)

過去の学会に劣らず、今大会も事前の盛り上がりを見せており、会期中の熱気が想像できます。

今学会の特徴として、病院経営や診療報酬改定、医療制度に関する演題だけではなく、コメディカル領域のカテゴリも多く、地域医療に携わるすべての「医療人」が、いかんなく成果を発表し、議論を尽くせるよう、随所に工夫を凝らしています。

演題募集は、2月22日(月)まで延長されました。ぜひ応募をして、これからの「医療人のあるべき姿」を学会で議論してはいかがでしょうか?

第66回 日本病院学会 オフィシャルホームページ

一般演題の募集のページ(第66回日本病院学会のサイトへ)


GALENUSニュース
ニュース一覧
GALENUS INFORMATION
お知らせ一覧