四病院団体協議会、総合部会開催。厚生労働省へ積極的なデータ開示を求める声

150527_press_conference.JPG四病院団体協議会(通称:四病協「一般社団法人日本病院会、公益社団法人日本精神科病院協会、一般社団法人日本医療法人協会、公益社団法人全日本病院協会」)の総合部会が、5月27日に日本病院会本部で開催されました。


総合部会では、中医協(中央社会保険医療協議会)の議論について、重複処方の問題、診療報酬の傾斜配分の有り方について等が取り上げられ、活発な議論が交わされました。

また、日本病院会倫理委員会(委員長:松本純夫先生/国立病院機構東京医療センター 名誉院長)により、 議員立法化も取りざたされている尊厳死について、"「尊厳死」―人のやすらかな自然な死についての考察―"と題する終末期医療のあり方と尊厳死の定義についての答申が報告されました。

総合部会終了後開かれた記者会見で、日本病院会の堺常雄会長は、中医協について、「厚生労働省が持つ医療需要予測データの病院団体への開示や、そのデータを元にした客観的な議論を求めたい」と述べ、議論の行方を注視する姿勢を示しました。

GALENUSニュース
ニュース一覧
GALENUS INFORMATION
お知らせ一覧